友人のセフレの作り方を真似して、ラブホテルでエッチに成功。
これに気を良くした僕は、もっとセフレが欲しいという気持ちになりました。
男は1人の女の子だけ!なんて気持ちにはなりません。
複数の女の子とエッチしたいというのは、本能なのです。
種としての生存本能!
だから、この本能に素直に従い、次の女の子探しをやることにしました。

 

 Jメールでも無事に通話出来る女の子と知り合いました。
今回は年下、テレセが希望の19歳の専門学生です。
通学のとき痴漢されて、それからムラムラした気分が止まらないって言っていました。
19歳の彩音ちゃんとも、スムーズなLINE交換となり、即通話に。
「痴漢に、どうやって触られちゃったわけ?」
「満員電車の中で、お尻から触られちゃって…スカートの中に手が入ってきちゃって…怖いんだけど変な気持ちに」
「その時マン汁出ちゃったんだろ」
「うん、変な感じだよね。怖いのに濡れちゃって」
「まだマン汁でちゃってる状態?」
「思い出すと変な気分になって、汁が…」
此処からは、オマンコを触らせていきました。
たっぷりと彩音ちゃんのアヘ声を聞きつつ、自分もオナニーを満喫。
素晴らしい時間の共有になりました。

 

 彩音ちゃんとは、3回ほど通話を続けました。
オナ見もさせてもらうことに成功。
そして、待望のセフレとしての待ち合わせになりました。
一度セフレとの経験はあるものの、これは何度経験しても喜びを感じます。
オナニーを見せてくれた女の子との出会いです。
テンションは上がってしまうのです。

 

 彩音ちゃんは、地味めでしたがブスではなかったのです。
やっぱり目の前で見ると魅力いっぱい。
全裸にして、その美しい肉体を目の前に、肉棒がやたらと元気に起き上がりました。
手コキをさせ、フェラもさせる。
フェラをしている時の恍惚の表情がエロい。
オマンコからは、しきりにマン汁が溢れてしまっている状態。
手マンやクンニ、おもちゃまで使って刺激をする。
強烈なアヘ声をいっぱい出してくれました。
性欲は旺盛、常に欲求不満の僕は、今回も三発の射精を決めることに成功しました。