24歳独身男性会社員の熟女との不倫体験

熟女が好きと気が付いたのはいつの頃からだろう。気が付けば年上の女性が好きだった。
17歳の頃はすでに29歳の彼女がいた。確かにその頃から年上が好きだった。
10代の頃、同じ歳の女の子と寝る機会がないわけじゃなかったし、やっぱり30歳近くの肌と比べたら全然違うなぁなんて思ったりもしたけど、
それでもやっぱり年上の女性が好きだ。今僕は20代半ばだ。
熟女が好きだなんて言うとネタみたいになってからかわれることが多いので、あまり言わない。
言わない方がえろい場合だってある。今の彼女は40代半ばだ。これは熟女と言うのかな。でもやっぱり十分に熟している。
もちろん、彼女は結婚しているので不倫の関係だ。
旦那とうまくいってるかは知らない。不倫にはルールがある。
僕は彼女たちがとても好きだ。男の扱いを心得ているというのかな。僕にいやな思いをさせないように心を砕いてくれているのがわかる。
彼女たちは自分たちが若くないっていうことを知っている。きっと昔ならすごくきれいだったと思う。
でも残念ながら見かけだけみれば20代の女性には敵わない。だからいろんなことをしてくれる。
年上の女性に向かって言うのもなんだけど、その必死さがとても愛おしいんだ。いじらしいっていうのかな。
だから僕は彼女たちを少し傷つけてみる。若い女の子を目で追ったりして。そして彼女たちを見るとやっぱりくだびれてる感があるんだよね。
彼女たち、僕が何を感じているか察してくれる。そして悲しい顔をする。僕はその顔がたまらなく好きなんだ。
そして僕の気持ちいいことたくさんしてくれる。かわいいなといつも思う。
僕は彼女たちを裏切らない。